スキンケアとは

美しい肌を保つためにはスキンケアは不可欠です。
しかし、一生懸命スキンケアをしているのに、肌荒れが改善されない人や、年齢より老けて見える人はたくさんいます。
スキンケアは高級な化粧品などをただつけているだけでは効果を得ることはできません。
美しい肌を保つために、正しいスキンケア方法を知ることが大切です。

まずは、自分の肌の質を知ることが大切です。
肌質には「乾燥肌」「脂性肌」「普通肌」「混合肌」「敏感肌」の大きく5つに分類することができます。
自分の肌質を知り、それにあったスキンケアをすることが美肌への第一歩と言えます。

自分の肌質を知るにはいろいろな方法がありますが、洗顔後の肌の状態で簡単に見極めることができます。
洗顔をしたら、そのまま何もつけずに放置して、肌のツッパリ感がどのくらいでなくなるかの時間を計ってみましょう。
20分以内にツッパリ感がなくなったら「脂性肌」です。
30分以内なら「普通肌」、40分以上かかってもツッパリ感が持続していたら「乾燥肌」です。
また、肌の部分によってツッパリ感が残っていたり、なくなっていたりする場合は「混合肌」といえます。
敏感肌の場合はこの方法ではなく、化粧品にかぶれやすかったり、ニキビができやすかったりするかどうかで見分けます。

他にも皮膚科や化粧品店で肌質を判断してくれるので、自分で判断がつかない場合はそういったところで判断してもらうといいでしょう。

自分の肌タイプが分かったら、それに合わせたスキンケアをしていくようにします。
次のページでは肌質に合わせたスキンケア法をご紹介します。